HOME | 宮代町の家

宮代町の家

~空中ブリッジのある家~

LDKと個室のある2階建てを中心に平屋建てのドラム防音室と水廻りを左右に配したコの字型のプラン。高さのあるウッドフェンスで囲いプラベートな中庭を確保しています。この家の特徴は丸太の吊橋を渡るような非日常を体験できる仕掛け「空中ブリッジ」があることです。空中ブリッジは約6mの長さで2階にある寝室と子ども部屋の各バルコニーをつなぎます。このような遊びの仕掛けをつくることで子どもの感性や想像力が育まれ、さらに家族のコミュニケーションが生まれることを期待しています。LDKは中庭に大きく開口し勾配天井で広がりを与えています。北側にはTV台、スタディコーナー、キッチンカウンターを階段状に造作しました。浴室はハーフユニットバスを使い壁はタイル仕上げ、コーナー窓の超開放的なつくりです。視線を気にするときはブラインドを下げて対応します。寝室と子ども部屋の洋服収納は廊下にをまとめて造作。縦格子の折戸を壁のように連続させ、ハイサイド窓で明るい廊下を演出しました。

宮代町の家 (南埼玉郡宮代町)
木造2階 SE構法 長期優良住宅
敷地面積 222.35㎡(67.26坪)
延べ面積 110.45㎡(33.41坪)
平成23年11月竣工 
施工 吉真建設 
写真 大沢誠一

宮代町スケッチ