HOME | 浦和原山の家

浦和原山の家

~リノベ-ション~

Before

夏暑く、冬寒い室内環境を改善したいという希望から始まったリノベーション工事。建物は築18年の木造2階建て、断熱材は入っていたものの断熱気密ともに性能は低い状況でした。改善するため床と天井に断熱材を追加し外壁面は生活の中心となるLDKのみ室内側増張り工法で断熱性能を強化。さらに全ての開口部にはLOW-Eペアガラスの内窓を設置しました。勾配天井の開放的なリビングダイニングは既存の配置は変えず、造作家具と自然素材、タイルを使って重厚感と奥行のあるデザインをつくりました。バルコニーには日射遮蔽用のシェードを設置し夏の暑さ対策としています。1階には客間を兼ねたセカンドリビングを用意、畳部屋とミニキッチンを設置して宿泊も可能となっています。外観は白く塗り替え、黄色の差し色を使って爽やかな印象に。玄関ポーチやフェンスも予算の範囲内で作り替えています。
 

浦和原山の家リノベーション(さいたま市緑区)
延べ床 144.28㎡(43.64坪)
平成31年4月竣工
施工 榊住建
写真 大沢誠一

浦和原山スケッチ