HOME | コンセプト

コンセプト

CONCEPT 

山岡建築研究所では「いつまでも住み続けたいと思う家をつくる」をコンセプトに、木造住宅の新築・リフォーム・リノベーションの設計活動をしています。住まいは生活の場であり豊かさを生む場でもあります。日々の生活を満たしながら家族が楽しく時を過ごし、長く愛着が持てる家づくりを心掛けています。
 
シンプルで飽きのこないデザインと暖かく涼しい健康・快適な室内環境、そして理想のライフスタイルに合わせた、そこに暮らす家族のためだけの楽しい我が家を、きめ細かい設計でご提案します。

山岡建築研究所が考える家

・デザインが先でなく生活が優先された家
・あたたかく体にやさしい健康的な家
・おおらかで、のびやかさのあるシンプルな家
・木の温かみを感じ、時間と共に味わいが出てくる家
・生活動線と家事動線が合理的でストレスのない家
・職人さん達の手仕事でつくられた手作り感のある家
・楽しさや愛着が湧くような遊び心を持つ家
・外部空間とのつながりを持つ庭のある家
・光、影、風、眺望など敷地の個性が活かされた家
・街並みに対して主張し過ぎず、気配りされた家

 

スケッチ

 

理想の住まいをつくるには、住まい手と設計者の相性が一番大切なことだと思います。依頼先を決める前に、設計者の日常生活と住まい方を見せてもらったり、趣味や子供の話など、いろいろな会話をしてみてください。設計者の人柄や考え方が良く分かります。
 
当社では家づくりを検討しているお客様に自宅兼事務所(蕨のアトリエ)をご案内しています。家づくりの考え方や生活スタイルが反映された空間を実際に体感いただけます。
蕨のアトリエ実例はこちら

住まいの性能

 
山岡建築研究所では住まいのデザインと合わせて、高い耐震性能を確保し、高断熱・高気密+自然エネルギーの活用により、快適で健康的な室内環境と冷暖房を極力使わず、光熱費を削減できる省コストの住まいを目指します。

 
 
実例写真

【耐震性能】

規模に関わらず全ての建物で構造計算(許容応力度計算)を行い、家の安全性を明確にしています。ただし構造計算すれば必ず安全ということではなく、間取りと並行して耐力壁の位置やバランスを考えた構造計画が重要となります。
山岡建築研究所では建築基準法で想定する1.5倍の地震力に耐えられる耐震等級3を標準とし、さらに安心を求める場合はSE構法の採用や制振装置を検討します。今後起きると予測される巨大地震に備えて、耐震性能を高めることは建築士の使命と考えています。

 
 
建築実例

【健康で快適な室内環境】

快適で健康的な室内環境をつくるには、何よりも優先して断熱・気密性能を高めることです。断熱・気密性能を高めることにより、吹き抜け空間であっても上下の温度差が少ない快適な環境となります。
また暖房室と非暖房室の温度差が少なくなるため、急激な温度変化によって生じる健康障害ヒートショックの抑制につながります。さらに、北側の非暖房室であっても壁の表面温度が低くなり過ぎず結露やカビの発生を抑えることができます。そして換気も忘れてはいけません。室内の汚染された空気と新鮮な外気を入れ替えるための安定した換気設備が高断熱・高気密住宅には必要です。
山岡建築研究所では断熱性能は現行省エネ基準より性能が高い民間規格HEAT20G1グレード以上、気密性能はC値=1.0を目標としています。さいたま市や川越市などの比較的温暖な地域(6地域)の性能としては程よく、技術的にも費用的にも無理なく実現できると思います。

 
 
建築写真

【光熱費を削減する省コスト設計】

断熱・気密性能を高めることで冷暖房費が大幅に節約できますが、さらに敷地条件に合わせて開口部の位置や大きさ、ガラスの種類などを検討し太陽の日射熱を最大限取り込む設計を行います。これにより冬期に最もエネルギー消費量が大きい暖房エネルギーを削減することができます。しかし冬期に有効な日射熱の取り込みは、夏期では室温を上昇させ冷房エネルギー消費を増やしてしまいます。その対策として庇や外付けのスクリーン、簾などを取り付け、日射遮蔽を考えます。そして、自然風を効果的に取り入れるための窓配置や開け方を工夫し、冷房する期間をできるだけ減らしたいと考えています。

 
 
実例写真